ETF 新興国 株式投資 米国株 銘柄 長期投資

【保存版】これからインドの時代が来る!?米国市場に上場しているインド企業12社(楽天証券・SBI証券から投資可能)

Facebook にシェア
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

トウシ君です!!
今回の記事は、
「【保存版】これからインドの時代が来る!?米国市場に上場しているインド企業12社(楽天証券・SBI証券から投資可)」
です!

インドは近い将来、中国を抜いて人口が世界で1位になると予想されていて今後の経済成長の拡大に大きな期待が寄せられています。
そこで今回は米国市場に現在既に上場しているインド企業12社を紹介していきたいと思います。

今から紹介する12社は楽天証券・SBI証券でも取り扱われており、
日本にいながらも簡単にインド企業への投資ができるようになっています。
(※その他ETFも紹介しています)

ぜひ今回の記事を参考に、今後の大きな飛躍が期待されるインド企業への投資を検討・実践してみてはいかがでしょうか。
(※投資は自己判断・自己責任)

それではどうぞ!

この記事ではこんなことが分かる!

  • 米国市場に上場しているインド企業
  • インド企業へ投資できるETF
  • 今後インドの成長について

目次


















































米国市場に上場しているインド企業12社

では早速、米国市場の上場しているインド企業12社を紹介していきたいと思います。

Azure Power Global Limited
(アジューレ・パワー・グローバル)【AZRE】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
Azure Power Global Limited(アジューレ・パワー・グローバル)
(HPへ)

ティッカー
AZRE(※Bloombergで詳細を見る)

業種
公共事業

事業内容
太陽光発電企業。太陽光発電事業を行いインド政府や企業に対して太陽光による電力を供給、ソーラー・パネルや設備の備え付け工事を取り扱う。

時価総額
10.45億ドル(※2021年10月時点)

Vedanta Limited
(ヴェダンタ)【VEDL】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
Vedanta Limited(ヴェダンタ)
(HPへ)

ティッカー
VEDL(※Bloombergで詳細を見る)

業種
素材

事業内容
天然資源企業。銅・銅製品及びアルミニウム・アルミニウムの製造、
湾操業やインフラ資産の開発・運営を行う。

時価総額
163.35億ドル(※2021年10月時点)

WNS (Holdings) Limited
(WNSホールディングス)【WNS】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
WNS (Holdings) Limited(WNSホールディングス)
(HPへ)

ティッカー
WNS(※Bloombergで詳細を見る)

業種
資本財

事業内容
業務委託サービス持株会社。子会社を通じて、金融、会計、顧客管理、事務管理サービスのアウトソーシングを提供している。
財務・会計、顧客サービス、ITインフラ管理、市場調査、法律手続き、銀行口座管理、小切手処理、保険の請求処理、料金請求など各業界に特化したサービスを行っている。

時価総額
40.63億ドル(※2021年10月時点)

Dr. Reddy's Laboratories Limited
(ドクター・レディース・ラボラトリーズ)【RDY】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
Dr. Reddy's Laboratories Limited(ドクター・レディース・ラボラトリーズ)
(HPへ)

ティッカー
RDY(※Bloombergで詳細を見る)

業種
ヘルスケア

事業内容
医薬品・医療サービス会社。主な事業はグローバル・ジェネリックス、医薬品サービス・有効成分、有標製品で、インド・米国・欧州・ロシアを中心に製品を販売している。

時価総額
109.25億ドル(※2021年10月時点)

HDFC Bank Limited
(HDFCバンク)【HDB】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
HDFC Bank Limited(HDFCバンク)
(HPへ)

ティッカー
HDB(※Bloombergで詳細を見る)

業種
金融

事業内容
インドの民間銀行。預金口座、貸付、クレジットカード、デビットカード、投資信託、保険商品、投資アドバイス、預託、貿易金融、公共料金支払い、外貨取引のほか、卸売銀行業務、資金管理、コルレス銀行業務を提供している。

時価総額
1,228.86億ドル(※2021年10月時点)

ICICI Bank Limited
(ICICIバンク)【IBN】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
ICICI Bank Limited(ICICIバンク)
(HPへ)

ティッカー
IBN(※Bloombergで詳細を見る)

業種
金融

事業内容
インドの市中銀行。普通預金口座、ローン、デビットカード、ク レジットカード、保険、投資、住宅ローン、やオンラインバンキングのサービスを提供している。
世界19カ国で事業を展開。

時価総額
670.35億ドル(※2021年10月時点)

Sify Technologies Limited
(シフィ・テクノロジーズ)【SIFY】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
Sify Technologies Limited(シフィ・テクノロジーズ)
(HPへ)

ティッカー
SIFY(※Bloombergで詳細を見る)

業種
通信サービス

事業内容
大手インターネット企業。ネットワークソフトウエア、ホスティング、セキュリティーなど包括的なインターネット、ネットワーク、電子商取引サービスなどを提供し、世界各地で事業を展開している。

時価総額
6.45億ドル(※2021年10月時点)

MakeMyTrip Limited
(メイクマイトリップ)【MMYT】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
MakeMyTrip Limited(メイクマイトリップ)
(HPへ)

ティッカー
MMYT(※Bloombergで詳細を見る)

業種
一般消費財

事業内容
オンライン旅行代理店。インドと米国の在住者にインド国内外の旅行の検索、予約サービスを提供している。
航空券、ホテル、ツアー、鉄道・バス乗車券、レンタカー、旅行保険、ビザ取得手続きなども取り扱い、インド20都市やニューヨークとサンフランシスコにオフィスを構え事業を展開。

時価総額
32.26億ドル(※2021年10月時点)

Tata Motors Limited
(タタ・モーターズ)【TTM】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
Tata Motors Limited(タタ・モーターズ)
(HPへ)

ティッカー
TTM(※Bloombergで詳細を見る)

業種
一般消費財

事業内容
インドの自動車メーカー。大型・中型・軽自動車、トラック、バス、乗用車の他個人・公共交通機関用にハイブリッド車、油圧ショベル、クレーン、ホイールローダなどの建設機械を設計・製造・販売している。
欧州、アフリカ、中東、東南アジア、南アジア、南米など世界各地で事業を展開。

時価総額
238.95億ドル(※2021年10月時点)

Yatra Online, Inc.
(ヤトラ・オンライン)【YTRA】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
Yatra Online, Inc.(ヤトラ・オンライン)
(HPへ)

ティッカー
YTRA(※Bloombergで詳細を見る)

業種
一般消費財

事業内容
オンライン旅行代理店。国内外の航空機チケット、ホテル予約、鉄道・バスチケットなどを販売している。
インド国内の1,100都市に所在する61,000のホテル情報を提供。

時価総額
1.24億ドル(※2021年10月時点)

Wipro Limited
(ウィプロ)【WIT】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
Wipro Limited(ウィプロ)
(HPへ)

ティッカー
WIT(※Bloombergで詳細を見る)

業種
情報技術

事業内容
ITサービス事業者。インド国内外にてITコンサルティング、カスタムアプリケーション設計・開発、ソフトウエア保守、ソフトウェア・ハードウェアの研究開発、データセンター・ビジネス処理アウトソーシングなどを提供している。

時価総額
214.80万ドル(※2021年10月時点)

Infosys Limited
(インフォシス・テクノロジーズ)【INFY】

チャートの確認

企業の概要

企業名 
Infosys Limited(インフォシス・テクノロジーズ)
(HPへ)

ティッカー
INFY(※Bloombergで詳細を見る)

業種
情報技術

事業内容
ITコンサルティング・ソフトウエア企業。e-ビジネス、プログラム管理、サプライチェーン・ソリューションを含むITコンサルティング及びソフトウエアサービスを提供している。

時価総額
983.83億ドル(※2021年10月時点)




インド企業へ丸ごと分散投資できるETF

Wisdom Tree India Earnings Fund
(ウィズダムツリー・インディア・アーニング・ファンド)【EPI

チャートの確認

ETFの概要

  • 運用内容
    ウィズダムツリー インド・アーニングス・インデックスの価格および利回り実績に連動する投資成果を目指すETF。
    成長の期待ができるインド企業に分散投資することができる。
  • 経費率(Expense Ratio)
    0.83%
  • 配当利回り(Distribution Yield)
    0.82%
上位構成銘柄(構成比率)

リライアンス・インダストリーズ【RIL:IN】(8.10%)
インフォシス【INFO:IN】(5.18%)
HDFC【HDFC:IN】(5.00%)
ICICIバンク【ICICIBC:IN】(3.48%)
タタ・コンサルタンシー・サービシズ【TCS:IN】(2.73%)

VanEck India Growth Leaders ETF
(ヴァンエック・インドグロースリーダーズETF) GLIN

チャートの確認

ETFの概要

  • 運用内容
    Market Vectors India Small-Cap Indexの価格・利回り実績との連動を目指すETF。
    素材、金融、資本財、消費財、ITなどの190以上の小型株に投資ができる。
  • 経費率(Expense Ratio)
    1.00%
  • 配当利回り(Distribution Yield)
    0.18%
上位構成銘柄(構成比率)

インフォシス【INFY:US】(5.23%)
ウィプロ【WPRO:IN】(5.20%)
ディヴィズ・ラボラトリーズ【DIVI:IN】(4.96%)
タタ・コンサルタンシー・サービシズ【TCS:IN】(4.66%)
アジアン・ペインツ【APNT:IN】(4.64%)

まとめ~これからインドが来る~

いかがでしたでしょうか?
今回の記事では米国市場に上場しているインド企業12社とインド企業に分散投資ができるETFについて紹介しました。
ここでもう一度おさらいしておきましょう!

米国市場から投資できるインド銘柄

No.企業名ティッカーセクター
1アジューレ・パワー・グローバルAZRE公共事業
2ヴェダンタVEDL素材
3WNSホールディングスWNS資本財
4ドクター・レディース・ラボラトリーズRDYヘルスケア
5HDFCバンクHDB金融
6ICICIバンクIBN金融
7シフィ・テクノロジーズSIFY通信サービス
8メイクマイトリップMMYT一般消費財
9タタ・モーターズTTM一般消費財
10ヤトラ・オンラインYTRA一般消費財
11ウィプロWIT情報技術
12インフォシス・テクノロジーズINFY情報技術
No.ETFティッカー経費率
1ウィズダムツリー・インディア・アーニング・ファンドEPI0.83%
2ヴァンエック・インドグロースリーダーズETFGLIN1.00%

そして最後に、
これからのインドがどのような成長発展を遂げていくのか、
人口増加の観点からその予想される姿を紹介していきたいと思います。

人口増加からみるインドの成長

次の表は2030年時点での人口が多い国上位5か国を表しています。
見るとわかるようにインドは2027年ごろに現在人口世界第1位である中国を抜いて、世界最多の人口になるとされています。
乳幼児死亡率の低下などでインドの人口は2050年代までは伸び続け、2030年には15億364万人、2050年には16億3917万人まで増加していくとされています。

世界の人口上位5か国(2030年時点)
1位インド15億364万人
2位中国14億6434万人
3位米国3億4964万人
4位インドネシア2億9919万人
5位ナイジェリア2億6297万人

(※日本経済新聞『変わる人口地図(5)―インド、2027年に人口世界1に』を参照し作成)

人口と経済成長に一体どんな関連性があるのかと思う人もいるかもしれませんが、
経済成長に欠かせない要因の1つとして、
人口ボーナス」が挙げられます。

人口ボーナスとは
総人口に占める生産年齢人口比率の上昇が経済成長を高めることを意味します。

総人口に占める生産年齢人口比率を高めれば、豊富な労働力が経済活動を活発化させていくことでしょう。
さらにはそこから教育や医療、年金などの社会福祉にかかる負担が少なくなり、より経済成長を促進していくことにつながっていくのです。

インドは人口ボーナスによる恩恵を受けながら経済成長していくことが予想され、
当然インド企業にもこうした効果が波及して企業として大きな成長を遂げていくと考えられます。
(過去の歴史を振り返ると日本、韓国や中国も人口ボーナスの追い風に乗り株価は大きく上昇しています)

また、インド株式市場を代表する株式指数である「SENSEX指数」を見てもわかるように
株価は右肩上がりで上昇しています。
ますますこれからの成長に期待が持てると思います。
(※最新チャートはコチラから)

ぜひ今回の記事を参考にインド企業への投資を検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくれてどうもありがとうございました。
次回の記事もお楽しみに!
トウシ君でした!

■情報発信
 Instagramにて毎日投資・経済の情報を発信中(@tousi.kousi)フォローお待ちしてます!

















トウシ君が読んだ本を紹介!(おすすめ本)~読書は世界一安い自己投資~
本選びの参考にぜひどうぞ!!

表紙
題名イーロン・マスク
未来を創る男★
マーケットの魔
術師-米トップ
トレーダーが語
る成功の秘訣
会計クイズを解
くだけで財務3
表がわかる 世界
一楽しい決算書
の読み方 
人を動かす「超」
書き方トレーニング
起業を考えたら必
ず読む本
お金の減らし方  身銭を切れ―「
リスクを生きる
」人だけが知っ
ている人生の本質
現実を視よ    沈黙のWebライ
ティング —Web
マーケッター ボ
ーンの激闘〈SE
Oのためのライ
ティング教本〉
無形資産が経済
を支配する―資
本のない資本主
義の正体
2025年を制覇する
破壊的企業★
上級国民/下級国民
相場の赤本 チャー
トで騰がる株完全
マスター
ゼロ・トゥ・ワン
君はゼロから何を
生み出せるか★
RANGE(レンジ)
知識の「幅」が最
強の武器になる
起業の天才!―
江副浩正 8兆円
企業リクルート
をつくった男★
コンフォートゾー
ンの作り方★
残り97%の脳の使
い方
現代経済学の直観
的方法★ 
人生は20代で決
まる TEDの名ス
ピーカーが贈
る「仕事・結婚
・将来設計」講義
著者アシュリー・バンス
ジャック・D. シ
ュワッガー、横山
直樹、Jack D.
Schwager 
大手町のランダム
ウォーカー
苫米地 英人井上 達也森 博嗣ナシーム・ニコ
ラス・タレブ
柳井 正松尾 茂起 ジョナサン・ハ
スケル、スティ
アン・ウェスト
レイク 
山本 康正橘 玲  相場師朗 ピーター・ティ
ール、ブレイク・
マスターズ
デイビッド・エプ
スタイン、
大西 康之 苫米地 英人苫米地 英人長沼 伸一郎メグ ジェイ
翻訳斎藤 栄一郎望月 衛、千葉 敏生
山形 浩生関 美和東方 雅美 小西 敦子
出版社講談社パンローリング株
式会社
KADOKAWAソフトバンククリ
エイティブ株式会社
明日香出版社SBクリエイティブダイヤモンド社PHP研究所エムディエヌコー
ポレーション
東洋経済新報社SBクリエイティブ小学館宝島社NHK出版日経BP東洋経済新報社フォレスト出版フォレスト出版講談社早川書房
刊行日2015/9/172001/8/12020/3/282018/2/122016/9/222020/4/62019/12/112012/9/212016/11/12020/1/172020/11/52019/8/62019/8/232014/9/272020/3/262021/1/292010/8/292017/2/12020/4/92014/7/25

    コメント

    Facebook にシェア
    Pocket
    このエントリーを Google ブックマーク に追加

    -ETF, 新興国, 株式投資, 米国株, 銘柄, 長期投資
    -, , ,

    © 2022 誰でもわかる トウシ君の投資・経済ブログ Powered by AFFINGER5